Dance(舞踏)

 バレーの歴史では1909年ディアギレフ率いるロシア・バレー団のパリ公演が、それまでの若い女の子が踊るのを見るという芸能的な要素が強かったバレーを一新させ、クラシック・バレーが成立する新たな時代の始まりとなります。それは同時にディアギレフ、そして初期の代表的なダンサーであったニジンスキーによる前衛的なダンスは欧米世界に大きな衝撃となって伝播して行き、ヨーロッパでダンスの大ブームが起きてきます。ディアギレフは借財を背負いながらも20年にわたってヨーロッパでの公演を続けます。
 ディアギレフから始まるダンスの革新は、アメリカにイサドラ・ダンカンを生み、バレーに対抗するモダンダンスを生み出します。日本で最初にモダンダンスに取組んだのは、石井漠で、昭和初期の頃です。石井漠が選んだのはドイツの体操とダンスが組み合わさった、時のバウハウスなどの影響や思想があり、ロシアのニジンスキーの表現形式も多く学んだようです。
 ヨーロッパでの大ブームは日本にも波及し、石井漠のダンスも人気を拍し、高い評価を得たといわれます。世界各地での公演や、海外からダンサーを招くなど、昭和初期の日本でブームを巻き起こします。
 石井漠舞踊研究所が自由が丘に作られ、石井漠のモダンダンスは娘の石井みどり、朝鮮の崔承喜、大野一雄らの多くの弟子を育て、戦争の中断こそあったものの、戦後も途絶えることなく脈々と受け継がれ、日本各地にモダンダンスの教室が作られてました。底辺が拡大する中で、モダンダンスの世界も、我が国の芸能に特有な閉鎖的な師弟関係、家元制度に近いものが形成されるようになったといわれます。
 一方、アメリカではマーサ・グラハムが出てドラマ性や社会を強くした踊りを創出するなどの革新が行われます。また、マース・カニングハムは60年代、現代音楽のジョン・ケージと組み、パフォーマンス性の高い踊りを作り出します。64年には来日し草月会館ホールで公演を行っており、強い刺激をダンシは勿論、各界にもたらします。
 ヨーロッパでは、フランスを中心に身体技法としてのパントマイムが盛んになったこと、ドイツではシュタイナーの神秘主義の中から生れてきたオイリュトミーの普及など、アメリカとは、また、違う動きがありました。これらの動きの中で日本のモダンダンスも大きな変革期、従来のモダンダンスを乗り越えようとする動きが起きてきます。昭和30年代にフランスにダンス留学した及川廣信はパントマイムなど、最新の身体表現を日本にもたらし、及川はアルトー館を設立して、そこに土方巽、大野一雄、大野慶人、笠井叡が参画して、ダンスから「舞踏」に革新する舞台装置が出来上がります。


     大野一雄・大野慶人・武内靖彦・池部篤治

       田中泯・ギリヤーク尼崎・霜田誠二・岩名雅記・吉田洋・フルガード座・奥田節

       花柳幻舟、小松原庸子、篠井世津子

 1959年に禁色を発表して以降、日本モダンダンスの革新運動の中核として活動を開始した土方巽は、60年代のハプニングを中心とした芸術運動に強くコミットメントしていきます。ここらの話は稲田奈緒美「土方巽 絶後の身体」に詳しく書かれています。土方巽は、アスベスト館を目黒に作る頃から、自らのダンスを暗黒舞踏と名乗ります。70年代に入る頃、それまでのハプニング主体のダンスから、土方は暗黒舞踏スタイルを徐々に確立していきます。それと共に舞踏の革新を担ってきた、大野一雄、大野慶人、笠井叡、石井満隆が、独自の活動を開始し、土方と共に踊ることがなくなります。
 70年代に入ると、土方巽の薫陶を受けた弟子達が活躍し、70年代の半ばから次々と彼らが独立、新たな舞踏集団を結成し、活動を開始します。その代表の一人が麿赤児であり、彼が創始した大駱駝館からも多くのダンサーが育ち、独立していきます。土方巽によって蒔かれた種が一斉に開花し始めます。また、笠井叡の下からも、多くのダンサーが育ち、独立します。
 土方巽自身は、73年の「燔犠大踏鑑」を終え、白桃房結成以降は、自身が踊ることから、演出・振付に専念します。その最高傑作が、土方巽の先輩であった大野一雄を、再度、世の中に送り出すことになる77年の「ラ・アルヘンチーナ頌」であると思います。土方は80年代に入ると活動は弱まり、86年、57歳で生涯を閉じます。

 土方さん関連に絞ろうかとも思ったのですが、一応、暗黒舞踏や天使館以外に、70年代以降強まるパフォーマンス系、それ以外の踊りを網羅し、モダンダンスの方は割愛しました。今日、舞踏はコンテンポラリー・ダンスという大きな枠組みの中で捕らえられるようになり、日本では勅使川原三郎さんを始めとして世界のダンスシーンで重きを為していますが、そこは、このページの範囲を超えるものです。私的には、近年のダンスよりも、暗黒舞踏の方が好きです。

参考資料:日本洋舞史年表


写真は深瀬昌久 カメラ毎日70.10 

 このポスターは何時の時代のものか分かりません。英文の暗黒舞踏に関する書籍に掲載されていたものです。雰囲気からすると60年代の初めくらいのような気がします。