1971年渡米。ルイジ、ジョジョ・スミス、マーサグラハムに師事。帰国後「篠井世津子ジャズダンススタジオ」(東京・大久保)設立。
1973年、初のリサイタル「篠井世津子とその仲間たち」を公演。翌74年、再度渡米。ローランド・デュプレー、ジョー・ペネット、グランド・トンプソン、ミシェリー・スミスに師事。
1975年、「黒豹たちのブルース」(三百人劇場)を初演(Part1)。
同年よりSKD(松竹歌劇団)の講師として振り付けを担当。1976年「女たち(黒豹たちのブルース Part2〜5)」(三百人劇場)。
1977年より渋谷ジァン・ジァンとの提携公演「篠井世津子の世界」(年4回シリーズ)を開始、20年以上にわたる。
1978年より毎年渡米。1979年より「黒豹たちのブルース」(読売ホールを中心に、中野サンプラザ、日本青年館、なかのZERO大ホール)は毎年の定例公演となり(82年には150人の大舞台となる)、1997年まで。(篠井世津子の世界より)

このページはモダンダンス以外の踊りを扱っています。同時代的な身体を使った芸術運動です。

花柳幻舟
この時代にスキャンダラスな話題に上った踊り手に。この人がいます。日本舞踊の花柳流に楯突いたことで有名で、当時から美貌の踊り手として知られていましたから、今でいうところのワイド・ショー・ネタにされた。叛逆ぶりが、時代の雰囲気に合っていて、踊り以外の様々な形での露出が多くありました。まぁ、このHPの前衛という意味とは少し違いますが・・・。


小松原庸子

フラメンコの第一人者である小松原さんの公演です。73年。
                       73年

篠井世津子
ジャズ・ダンスの篠井さんの公演です。75年です。



パンフレットとして保管してあったので、入れておきました。情報がありましたら・・。


暗黒舞踏派奇踏団

1974年の公演ですが、このグループに関する記事は、見当りません。場所は新宿アートビレッジです。74年という早い時期でもありますが、暗黒舞踏「派」と名乗っているところをみると、土方門下ではないのかもしれません。