演劇集団変身   演出:竹内敏晴

 発見の会から流れ出たアングラ演劇が、多様な形で演劇界に広がっていきます。その中に「変身」があります。出演者に坂本長利外波山文明、波多野克典、長坂蜂郎の名前が見えます。変身も長くは続きません。解散以降も、メンバーの多くがアングラ演劇に携わっていくことになります。公演の中身は、見た回数が少なく、残念ながら記憶が吹っ飛んでいます。ただ、解散を聞いた時に、なくなちゃうんだと、がっかりした思いは残っています。何か思い出したら書きます。

朝日新聞の連載記事に、外波山文明さん自身の回顧録があり、その中に変身時代のことが少し書かれたものがありました。http://homepage2.nifty.com/tubakigumi/asahi.html




 写真は別冊太陽「現代演劇60's〜90's」からです。1966年に代々木小劇場でザ・パイロットという芝居です。アングラ演劇の黎明期のもので、私は見ておりません。右は坂本長利だそうです。