劇団空間演技  演出:岡部耕大 「流動」79.8


 空間演技も、また、現在活動している、頑張っているなぁと思う劇団です。設立は70年ですが、やや遅咲きだったように思います。 岸田戯曲賞をもらうのが79年ですし、新聞などの評も、第1世代のアングラ四天王、第2世代のつかこうへいの後を継ぐものとして、空間演技を挙げていますから、第三世代といってよいかもしれません。表現劇場との提携作品が初期の頃はほとんどで、それ以降は見ておりません。風間杜夫さんなんかは表現劇場として関わっていたようで、制作スタッフの方に名を連ねていました。
倭人伝
 岡部耕大さんは、この頃は、武士ものというか、時代劇に拘っていたというか、好きだったのか、時代物が多かったように思います。 あまり際立った印象がなかったのは、当時は見過ぎていたせいでもありましょう。 尼子狂児さんや、ダンサーになる 岩名雅記さんの名前が見えます。




 写真は別冊太陽「現代演劇60's~90's」からです。1979年に文芸座ル・ピリエの杮落とし興行の「松浦今昔物語」です。もうこの頃は、あまり演劇を見ていない時代で、私は見ておりません。