劇団創造  演出:南川泰三

 見てないものは収録しないの方針でしたが、こいつだけは入れておこうかなという感じです。パンフレットもあったかもしれませんが、棄てている(?)ので、ありません。南川さんはこの70年頃も放送作家で、劇団が解散した後も、プロフィールで見ていただけると分かりますが、数多くのTV作品を手がけています。アングラの中では異色のもので、ちょっと入れとこうかと思った理由でもあります。

はらみてこそ恋の黄昏(石崎勝久氏の解説、映画評論1973.1)

 この演劇には夜行館の役者さんの守鏡丸が老けの女役で出演していたようです。場所は東京キッド・ブラザースの拠点劇場であった渋谷の小劇場ヘアーと書いてあります。そう言えば、そんな劇場もあったなぁ・・・。



                                  田中さんは娼婦です