Filmography

『EKO Series』1963年 8mm
『日没の印象』(24分) 1975年 16mm
『夏休みに鬼無里に行った』(13分)1975年 16mm
『草の影を刈る』(200分) 1977年 16mm
『写さない夜』(46分)1978年 16mm
『15日間』(90分)1980年 16mm
(1980年まで)

       実験映画B   〜日本〜
大林宣彦

大林宣彦がまだ、尾道三部作を作る以前の実験映画的なフィルムを撮っていた時代のものです。尾道シリーズに見られる叙情性がこの頃からあって、他の理屈を捏ね回したような独りよがりの作品に比べて分りやすく、人気がありました。Wikipediaをみると、数多くのTVのCMも作っています。当時は知らずに見ていました。Filmo Graphyは参照先で。
 
映画評論

萩原朔美
 
萩原朔美は、かの日大藝術学部中退。寺山修司の天井桟敷に在籍。寺山さんと映像制作に取り組み、独立した形での映像作品も多く製作。1970年代に雑誌「ビックリハウス」を創刊し、初代編集長をつとめた。
 

東陽一
このチラシにあるのは自主制作時代のものです。ATGで作った「サード」(脚本:寺山修司)が大ヒットし、以降、メジャー監督として活躍するようになります。右のチラシは注目されるようになって再上映された時のものです。


高林陽一
高林陽一は京都出身で西陣の呉服屋の長男であることから、極めて日本的な映像を追及してきた人です。
60年「石っころ」モンテカティーニ映画祭金賞
63年「砂」ベルギー実験映画祭特別賞
   「ひなのかげ」ニューヨーク近代美術館購入作品
70年「すばらしい蒸気機関車」
73年「餓鬼草子」マンハイム映画祭グランプリ (以降 略)



飯村隆彦
日本の実験映画の草分けであり、同時に40年にも渡って実験映画を撮り続けている。映像作家というより、現代美術への傾倒が大きい感じです。66年からアメリカで暮らすようになったことから、あまり日本での馴染みがなくなってきているようです。80年代以降のことは本人のHPを参考にされたいが、今、彼の映像が見られることは少ないのではないかと思われます。60年代からの活躍ですので、仲間というと、お馴染みのオノ・ヨーコ、赤瀬川原平、作曲家の小杉武久、暗黒舞踏の土方巽がおり、大林宣彦、高林陽一、ドナルド・リチ−、石崎浩一郎らと実験映画集団「フィルム・アンデパンダン」を1964年に結成したりしています。
初期の作品群は、当時らしく極めて性的なスキャンダラス性をもったものでした。土方巽の舞踏記録「あんま」「バラ色ダンス」も撮影しています。
62年「DE SADO」、「LOVE]
63年「ONAN」ブリュッセル国際映画祭特別賞(以降 略)



岡部道男
1937年、東京生まれ。慶應義塾大学卒業。1964年読売アンデパンダン64展、65年内科画廊個展など多くの現代美術作品を発表する。その後、映画製作に携わり、処女作「天地創造説」(67年)で草月実験映画祭奨励賞、「少年嗜好」(73年)でベルギー・クノック・ヘイスト国際実験映画祭グランプリをそれぞれ受賞。日本の前衛映画界の草分けとなる。また、映画制作の傍ら、ラジオ番組の短編小説を多数執筆。同時に雑誌に幻想小説を発表。写真は貴夜富夢」から。



何か懐かしのメンバーなので貼っておきます。
映画評論