せつない愛

林静一
林静一はARTの方でも紹介していますが、初期の頃のガロに、当時は常連のように作品を描いています。書き込みの少ないフワフワした感じの絵で、強く訴求するものはそれほどなかった感じです。この作品は夜行で、娼婦と若い客との交流を描いています。


 上村一夫
上村一夫は、この同棲時代で一斉を風靡します。もちろんデビューはもっと早く、週刊漫画誌に数多くの連載を持った中でのヒットになります。作品的には上村さんはどう思っていたか分りませんが、それほどでもなかったように思いますが、映画や、かぐや姫の音楽、赤ちょうちんなど時代の雰囲気が、若い二人のささやかな愛を同棲という形で表したことが大きな意味があったのでしょうか。70年代の政治的挫折の雰囲気にマッチした形です。
叙情的な作風は、当時は林静一などもおり、ある種、時代そのものです。


個人的には、殺陣が入っている方が好きですが。