Rock(ロック)-V


カルメンマキとシーザーを並べるのは、多分カルメンマキに怒られてしまうでしょうが、寺山修司つながりということで、いっしょにしました。というのも私なんかには、やはり「時には母のない子のように」(69年)や「山羊にひかれて」(同)の印象が強すぎるせいなんですが。しかし、この昭和44年の映像は凄いです。まぁ、いつまでYouTubeに残るか分かりませんが、寺山の好みがすごく分かります。70年にロックに転向宣言。72年にカルメンマキ&OZを結成。ロックに転向しても声は変わりませんし、相変わらず叙情的です。

カルメンマキ&OZ
閉ざされた街


1975年                                           1977年


J・A・シーザー ミュージシャンとして、まったく話題にも上らないのですが、どこにも分類できない感じなので、ここに置いておきます。ある種、演歌なのかもしれないと思いながら、寺山修司的な情念の叫びという感じはするのですが。今は劇団の主催者の方があっているのでしょう。

首吊りの木

田園に死す

和讃


シーザーの率いる万有引力の公演予告ですが