VIPご調達 超高級病院

 資産の巨大化したバブル紳士達にとって、我々、庶民達と同じサービスを受けるのは腹の立つことであったのでしょう。 病院も例外ではありません。巨大な資産家が求めたのは、欧米並みの超高級な病院でした。
 この需要に応える形で、保険診療とは無縁な形で超高級、ホテルと見合わんばかりの病院が建設されます。その代表格は赤坂にあります山王病院です。
山王病院は、Wikiによれば『ホテル並みのセキュリティとサービスを実現し、全室個室という高級病院として知られる]。近隣には、人間ドックや検査医療を主に行う「山王メディカルセンター」(病床数19)が併設されている』とあります。下の画像はメディカルセンターの方の、ホテルのロビーを思わせる作りです。



病院全体を作り直せなくても、改造して、これらのVIP向けの超高額の病室があちこちにできてきます。

 これはネットで掲載された一日5万円の病室です。同じ部屋内にトイレは勿論ありますし、簡単なキッチンもあります。私も入院中に日赤の病院で同じような部屋を見つけました。一日5万円はまだ安い方ではないかと思います。
聖路加国際病院の人間ドック用の病室

 これも人間ドックの人のための食事ではありますが、本当はもっと凄いんじゃないだろうかとは思っているのですが、ネットで拾えたのはこのくらいなので。


 バブル紳士達はバブル崩壊後に債権者や警察の手を逃れるために、セキュリティ万全の病院に逃げ込んでいましたが、さてお金は保ったのでしょうか。