目的

本事業は財団法人食品流通構造改善促進機構が実施する「平成18年度卸売市場連携物流最適化推進事業モデル地区事業」(農林水産省総合食料局補助事業)
において公募により採択されたもので、以下の提案を実施する。

@ 提案の背景・現状の問題点
ア.  南九州に位置する地方市場は、大型スーパーや盛況の伸長と、地域の専門小売店の衰微による地域の商業環境の激変から、従来の地場ものを中心とした販売から周年供給など全国的」な集荷・品揃えが要求されるようになっている。
イ.  夏秋期における青果物の産地背景は主要産地が関東以北に集中しており、九州管内の拠点市場である福岡市中央卸売り市場から集荷しなければ、顧客の要望にこたえられない状況にあり、買い付け集荷と運賃負担、福岡に出向く人件費などが経営を圧迫している。
ウ.  南九州の地方市場は、地場の青果物の集荷に努力を傾けており、品質面でも高い評価がある。地域で消化できない量については福岡市場などへの出荷も行っているが、運賃負担が重く、生産者に対して十分、期待に応えられない状況にある。
 
A 提案内容
ア.  福岡市場と南九州地域の地方卸売市場との連携を深め、福岡市場の全国的な品揃え力・販売力、地方市場の地場産品の集荷力・地域のマーケットを支える力を活かすことで、南九州の生産者、消費者の利益を高めることができる。
イ. 連携を高める方法として定期運行する路線便を形成し、運賃コストの低減を少量他品目にわたり仕入れあるいは出荷できる方式を作り出すこととする。
ウ.  連携を高める方法として、情報システムの構築により、互いのコミュニケーション能力を高め、福岡、南九州地域の量販店への提案力を高め、生産者に対しても品質や生産品目、出荷時期等の各種の提言が行えるよう努力をしていく契機とする。
エ.  九州地域中央卸売市場間の九州市場ネットワークと将来、結合し九州管内の卸売市場・産地と、全国の市場・産地を結ぶハブの一部として機能することを目標としている。


戻る