食品卸売業のマネジメント



     ◎食品卸売業の使命

     ◎売上/利益管理

     ◎商品/サービス/価格

     ◎流通技術
         営業・取引技術
         ネットワーク構築技術
         金融技術
         商品化技術
         情報技術
         物流技術
         製造・加工技術


     ◎経営と事業組織

     ◎営業組織と特性


 食品卸売業のマネジメントの中で、資金管理と人材育成は別項目を立ててありますので、ここでは除外してあります。この章で重要なことは、卸売業としての役割=使命=ミッションMissionです。一般論で語っていますが、個々の卸売業者では個々の使命を語らねばなりません。いったい自分達は誰の為に、何をしているのかを見失うこともあります。特に営業の第一線にいる人達では、それほどの疑問は持たないかもしれませんが、縁の下の力持ちを演じる業務の人達には、営業から文句ばかりを言われる立場からなのでしょうか、よく不満を口にします。将来への不安を語るのも彼らが多いのが実態です。経営側として企業を一体にして進ませる為にも、どのような方向を目指しているのかを社員達に明示する必要があります。

 もう一つ、この章で大事なことは流通技術を磨くという問題です。多くの卸売業者は、この点を意識することが少ないのが実態です。規模の拡大の中で適切な流通技術を導入して業務の高度化を図っていかなければなりません。何でも最先端、コンピュータ関係を頑張る若手経営者がいますが、社員が使いこなせない情報は意味を成さず、営業にプラスする点が小さいことがあります。物流についても卸売業に適した仕組みが必要で、自身の置かれた立場の中で、どのようにシステム化を図り、ポジションを再構築していくかがあります。