空中散歩:
 豊かさが新たな楽しみを生み出します。スカイ・スポーツがその代表的なものです。我が国では飛行機というと、お金があっても各種の制限があり、それを突破してまでとなると、大きな制約を生みます。風船(気球)をつかったものや、ここに紹介するハングライダー、パラグライダー、スカイダイビングは比較的取り組み易いもので、競技人口も増大していると思います。
 私自身は、高所恐怖症ではないけれど、恐がりなので経験しておりませんので、軽い紹介に留めます。時代がどのように変遷しているかの良い例だと思います。



ハングライダー hang glider

 ハンググライダーは趣味、競技で行うスカイスポーツであり、また飛行に使用する機体自体を指す。搭乗者が“ベルトに吊り下がった(hang)状態でグライダー(glider)に乗り滑空する”ことから、ハング・グライダー(hang glider)と呼ばれる。簡潔な紹介がありましたので引用します。
 アルミパイプの骨組みと布の翼で出来ているグライダーを搭乗者がベルトに吊り下がった状態で空を飛ぶスポーツです。グライダーですから動力はないので、離陸も着陸も人間が担いで走る事になります。このため、300mから700mぐらいの山の斜面から離陸して、河原や畑に着陸するのですが、単に滑空するだけでしたら5分程度しか飛べないのです。しかし、機体を上手に操縦して上昇気流をうまく使う事が出来れば、高度1500mもの雲の中を飛んだり、30kmもの距離を無着陸で飛ぶ事や3時間以上もの長時間を飛んだりすることも1〜2年程度の経験で十分可能なのです。



パラグライダー Paraglider
 ハングライダーの一種ともみなされており、装備重量は20kg程度で、人間一人の力で持ち運べる。パイロットは、ハーネスという装備に座り、操縦索を操作して滑空する。ハングライダーと同じ紹介から。
 パラグライダーの特徴は、気軽に空中遊泳を楽しめることです。もともと登山家の方たちが下山の手段として使っていたもので、パラシュートを改良したものですから、墜落の危険性がほとんどなく、速度も比較的ゆっくりなので、大人から子供まで誰でも安全に気軽に空中散歩を楽しむ事ができます。決して崖から飛び降りたりするものではないのです。しかも、パラグライダーは総重量が約5kgから8kg、折り畳むと普通のバックに収納できてしまうので、持ち運びに非常に便利です。
 また、パラグライダーはジェット機の様なエンジンを使わず空を飛ぶので、風の音だけを聞きながら自分のコントロールで自由に飛ぶ事が出来ます。




モーターハング powered hang glider
 動力をつけたハングライダーです。
小学館「写楽」82.2より
これは未来型だそうです。


スカイダイビング skydiving
 スカイダイビング (Skydiving, Parachuting)は航空機などで空へ昇り地上へ落下するスポーツ。 競技としては国際航空連盟用語でパラシューティングと呼ぶ。レクリエーションの場では短くジャンプと称されることも多い。 写真左は、愛好家 のページから。摩周湖へのダイビング。 右はアメリカ海軍のもの。
 ハングライダーと同じ紹介から。スカイダイビングの大きな特徴は、機体などに乗るのではなくて、全く何もないところに身体ひとつで飛び出し下降する事です。 これが他のスカイスポーツにはない、大きな魅力です。
 空中に飛び出してからパラシュートが開くまでを、「フリーフォール」と呼びます。この時、時速200km近い速度で落下していき、見た目上はただ落ちているだけのようにみえるでしょう。 しかし、飛び出してから約10秒後には落下速度が一定になるので、「高い所から飛び降りる」ような感覚ではなく、実際には身体が中に浮いているように感じ、空を飛んでいるような感覚を味わう事ができるのです。 パラシュートが開くまでの約1分間、この感覚を味わいながら、自分の手足を翼として空中を自由に動き回ることができるのです。