冒険家/ヨット

 植村直己の数多くの偉業が冒険家という呼称を産み出すことになったと言って良いと思います。1984年にマッキンリーへの冬季単独登頂以降、遭難し亡くなります。96年には植村直己冒険賞が設けられます。

植村直己
Wikiから
1965年4月23日 - ゴジュンバ・カン登頂
1966年7月25日 - モンブラン単独登頂
1966年10月24日 - キリマンジャロ単独登頂
1968年2月5日 - アコンカグア単独登頂
1968年4月20日 - 6月20日 - アマゾン河6,000km単独筏下り
1970年5月11日 - エベレスト登頂(松浦輝男とともに日本人初登頂)
1970年8月30日 - マッキンリー(世界初の五大陸最高峰登頂成功)
1971年1月1日 - グランド・ジョラス北壁完登
1971年8月30日 - 10月20日 - 日本列島3,000kmを徒歩で縦断
1973年2月4日 - 4月30日 - グリーンランド3,000km犬ゾリ単独行
1974年12月29日 - 1976年5月8日 - 北極圏12,000km犬ゾリ単独行
1976年7月 - エルブルスに登頂
1978年4月29日 - 犬ゾリ単独行で北極点到達(単独到達世界初)
1978年8月22日 - 犬ゾリ単独行でグリーンランド縦断成功
1982年8月13日 - 厳冬期アコンカグア第二登達成(共同)
1984年2月12日 - マッキンリー厳冬期単独登頂(世界初)





「植村直己 夢と冒険」文芸春秋 臨時増刊1984・6

 植村直己に刺激を受けて何人か冒険に挑戦する人々が出てきます。その中では関野吉晴氏が1993年から、人類発祥の地アフリカからグレートジャーニーを敢行しTVでその映像が報道され有名になりました。


ヨット
 冒険者という呼称は、戦後、最も印象深いのは1962年にただ一人で太平洋を横断した 堀江謙一さんであったでしょう。 その当時は日本は高度成長期で生活にゆとりもなく、それがどれだけのことであるかを理解した人はそう多くはありませんでした。 密出国した犯罪者扱いとして非難を浴びせたのがマスコミでした。 むしろアメリカ人の方が,この史上初の快挙に熱狂していました。 その後堀江さんは何回も単独のヨット航海をし、段々、日本の気分も上がっていきました。 2005年に単独無寄港世界一周をした頃、ようやく英雄になりました。
 この時代あたりから、次第に海洋スポーツへの関心が高まっていきます。 アサヒグラフ1982.9.17にはヨットレースの特集が掲載されています。 海洋スポーツへの関心が次第に高まっていく時代を反映しています。 金持ちの道楽という要素はまだ、根強いものがあったでしょうが、ヨットレースに参加しようという気分が濃くなっていき、日本の技術力を活かしたハイテクのヨットを開発しようという試みがこの時代に始まり、バブル最盛期には世界最大のヨットレース、アメリカズカップに日本チームが参加するまでになります。

ワイキキ・トライアングルレース

 世界最高のヨットレースといわれるアメリカスカップへの挑戦はバブル時代に入っていますが、ここにおいて置きます。Wikiから『日本からはこれまで、1992年・1995年・2000年の3回に渡り「ニッポン・チャレンジ」がアメリカスカップに挑んだが、いずれもルイ・ヴィトンカップの準決勝にて敗退(3回とも4位)している。』

主なプロフィール
 会長:山崎達光(ヱスビー食品元会長)
 キャンプ地:愛知県蒲郡市
 スキッパー:クリス・ディクソン(1992年)、南波誠(1995年)、ピーター・ギルモア(2000年)
 ヨットクラブ:ニッポン・ヨットクラブ
 建造艇:JPN-3/6/26(1992年)、JPN-30/41(1995年)、JPN-44"阿修羅"/52"韋駄天"(2000年)

2000年のアメリカズカップに挑戦した阿修羅と韋駄天号

ニッポン・チャレンジに合格した人達
        92年のニッポン艇

 私が語れることはほとんどありませんが、アメリカスカップに近づいたということで、テレビや新聞で、ほんの一時ではありますが大騒ぎになったことです。挑戦していたことすら知りませんでしたから、ほぉーっという感じでした。