スーパー以前

 スーパーの出現は、我が国でも、世界のすべての国で商店、商業のあり方、流通のあり方を根本的に変える巨大な嵐です。 当初の段階では、あんなものはと馬鹿にしていた流通関係者も、年月を経るに従って既存の小売業を崩壊に追いやり、自らの生活基盤を掘り崩していくことになりました。 そして今では以前はどうであったのか、どんどん分からなくなっていきました。

 私がここで表現しようとすることは以前はどうであったのかを述べるためのものです。生き残る商店街の多くも、かつての賑わいとは遠くなりました。 私達は何を喪ったかを真剣に考えるべき時になっています。スーパーの持つ一時の便宜性に消費者が屈したと私は考えます。

 何より「家業」であった小売業が、会社組織になり、持続性を欠く存在になり、非常に不安定なものになりました。 信用を家業で繋ぐという形の店や商品に対する「
安心」感がなくなり、経営不振になれば、何時でも廃業してしまって、どうしようもなくなるという不安です。昔は息子や娘が必ず継いでくれたという安心感が現代の商店にはないのです。
 そして「
信用」です。信用を何より大切にする商売への取組みです。 信用を喪うことは人生を喪うことと同じくらい重要でありましたが、それも大いに欠けていくことになりました。何代も信用を繋げていく、お客さんを大切にするという気持ちが、小売業から抜け落ちてきている。これほど不安を掻き立てるものはありません。

 もう一つは「
コミニケーション」です。店員や商店主との会話で得られる情報(評判や噂、料理の作り方・保管の仕方等商品知識、疑問点)、買い物客同士の会話(口コミ)。隣近所は勿論のこと、見知らぬ他人とも会話する能力であり、会話しても傷つかない心の持ちようです。ここらは大いに欠けるものとなりました。
 どんな商品なのか、以前と変わったのかどうかも確認できない。 訊く相手がいない。顔見知りに会うことも稀になり、無言で入店し、無言で出て行く。そらぞらしい店員のありがとうしか聞けない。 これなら通販と変わらない。通販の方が家まで届けてくれるだけ、よほどマシである。広大な駐車場も、年寄りには苦痛でしかない。

 もう一つは「
賑わい」です。店主の個性が作り出す個性的な品揃えやディスプレイ、店舗の形態が生み出す多様な雰囲気がありました。ショッピングセンターには確かに多くの専門が並んでいますが、競合する同業の数は多くはありません。同じビルの中にあるという制約は統一的なデザインには適していますが、賑わいをかもし出すことはありません。競争が生み出す活気は見当たりません。
 買い物をすることが、今や苦痛になっています。 広過ぎる売り場を端から端まで歩かされなければ、目的の商品にたどり着かないという苦痛。店員に訊こうと思っても、店員の姿を見ることも難しいし、忙しげな彼らに声をかけるのも躊躇われる。

 簡単に安易に買えるということが、新たな問題を引き起こしていきます。セルフサービスであるための個包装から生まれる膨大な使い捨てゴミ容器が発生します。スーパーの毎日は、閉店後の売れ残り品の大量廃棄もあります。大量消費の裏側にある廃棄の巨大さは、ゴミ問題という新たな社会問題を引き起こしていくことになりました。

 そして無闇矢鱈の消費が招く肥満と、広告宣伝に煽られた欲望のままの消費が突きつける栄養バランスの欠如、そこから生まれる数多くの病、便宜性が亢進する中で料理や食からの距離の隔たり。過食症などの摂食障害の出現=精神のバランスが微妙に狂ってきているのです。

 スーパー以前に戻そうと思っても、もはや不可能なのでしょう。 しかし、今のままで良いということがないならば、少しでも昔の雰囲気を知ることも重要ではないかと思い、このページを作成しています。これらはかつて作った「思い出の暗がり」で掲載していたものですので、少し昔が過多になっていますが、おいおい修正していきます。

 かつて繁栄を極め、賑やかだった通り、商店街も問屋街も閑古鳥すら鳴かない惨状です。昔を知っている人間にとっては、ただただ残念でしかありません。

    シャッター通り商店街